塾の先生になりたいなら働き方をよく考えよう

中学受験の指導を担当する塾の先生になりたいと思っているときには

給料と雇用形態の関係について理解しておくのが大切です。

塾講師として現役で授業をしている人のかなりの割合は実は正社員ではありません。

契約社員として雇ってもらって非常勤講師として働いているケースが多くなっています。

正社員の場合には給料が月収いくらと決まっていて、授業を担当すると手当が出るというのが一般的です。

それに対して契約社員の場合には担当した授業の数や授業時間に応じて給料が決定される仕組みになっています。

どちらの方が稼げるかはケースバイケースなので、働き方をよく考えて決めることが大切です。

正社員がもらえる手当よりも非常勤講師の一授業あたりの給料はかなり高めになっていることが多いため、

非常勤講師として色々な塾で目一杯授業を受け持った方が給料が高くなることは珍しくありません。

実績があると高い単価で雇ってもらえることから、

成果をしっかりと上げていける自信があるなら非常勤講師を選んだ方が良いでしょう。

しかし、安定雇用を得たいと思ったら正社員の方が無難で、毎年昇給もある安心感があります。

どちらが自分に適しているかを考えて雇用形態を選ぶようにしましょう。