安定の正社員か、融通の利く非常勤か

正社員と非常勤の塾講師の大きな違いは、月給制か時給制かの違いとなります。

後者は、大学生などのアルバイトが一般的となっています。

現在は副業を認めている企業も多いため、本業の傍ら非常勤の塾講師として働いている人もいます。

時間の融通が利くため、選択する人も少なくありません。

平均年収は、正社員が約425万~450万です。

年俸制を採用している所であれば、勤続年数が増えるほど収入も増えるようです。

非常勤の場合は、350万~400万程と、正社員よりやや少ない傾向にあります。

しかし、塾講師の場合、大手塾か中小塾、または個人塾によって年収は様々となります。

また、塾講師自体の実績や人気によっても左右されます。

有名になれば、年収が1,000万近くになることもあります。

また、ある程度の勤続年数になると、生徒の指導ではなく、

講師へのアドバイス等をする役員としての道も拓けてきます。

そうすることで役職手当が貰えるため、年収も上がります。

また、知名度が十分に上がった場合、個人塾の開業を視野に入れてみることも有りかもしれません。

軌道に乗るまでの苦労は避けることが難しいと思いますが、

生徒数に年収が比例していますので、夢があることは間違いないでしょう。